夏ばてにユーグレナ

夏になるとどうしても暑さで気が滅入り、食欲不振やちょっとした体調不良を感じやすくなります。そんななかでも健康な生活を保てるよう、夏バテ対策は必須です。食べるものや行動に気を遣うことはもちろんですが、夏バテ対策にもユーグレナが効果的だと言われています。

日本の夏はとにかく高温多湿であることが特徴です。人間をはじめとする哺乳類は、ヘビなどの変温動物とちがって、常に体温を同じくらいに保つという特徴があります。夏場はどうしてもエアコンのきいた部屋にいたり、そのまま気温の高い外へ出たりを繰り返すことになります。これによって体温を一定に保つための自律神経が乱れやすくなってしまいます。

自律神経が疲労すると、胃腸の様子がおかしくなってしまったりします。夏バテを私達が解消する方法は、水分をしっかり補給する、 エアコンで冷やしすぎない、しっかり寝る、しっかり食べるなどいろいろあります。
とはいえ夏バテになって食欲が落ちてしまうと、栄養のつくものをたくさん食べることが出来ないというのが現状ではないでしょうか。ここで活用したいのがユーグレナ、ミドリムシの効果です。
ユーグレナには、59種類もの栄養素を期待することが出来てしまうのです。食欲がなくてもこれひとつできちんと栄養素をとれるため、夏バテ防止に効果的です。

紫外線対策

ユーグレナの効果はさまざまです。女性は特に、夏になれば積極的に紫外線対策をしていらっしゃることでしょう。
紫外線が肌に大敵であることは、もはや女性の人たちの常識です。しかし、ユーグレナは紫外線対策にも効果を発揮してくれることをご存じでしょうか。

紫外線の中でも、特に「UV-A」「UV-B」には注意が必要だと言われています。
「UV-A」は黒くなる波長であり、「UV-B」は赤くなってしまう波長です。肌がこれら紫外線を浴びることで、 シミ、シワ、肌荒れのトラブルを起こしてしまうことになります。
日差しの強い日に外出する場合は、日焼け止めクリームを塗ったり、帽子をかぶったり、日傘をさしたりして対策をとる方が多いですが、紫外線のすべてを防げるわけではありません。

そこで、ユーグレナが活用できるのです。ユーグレナは食品として利用することで健康効果が得られるとされてきましたが、外用薬としても効果的だということが判ってきたのです。
ユーグレナには、ミネラルやアミノ酸が豊富に含まれており、それが紫外線のダメージを受けた細胞を活発化してくれると言われています。ユーグレナを、ユーグレナパックとして肌に浸透させて利用している人たちも多いようです。

ダイエット効果

女性のみなさんは、日々ダイエットに熱中しているかもしれません。実はユーグレナがそのダイエットにも効果的だと言われています。ユーグレナ、ミドリムシははただの健康食品ではありません。実はもっと多くの効果が期待できる画期的なアイテムだったのです。

ダイエットのルールは基本、カロリーをしっかり意識することです。もちろんカロリーを多く摂取するから、太ってしまうことになります。
そして、ユーグレナがどうなのかといえば、「食物繊維」が一杯含まれているため、体にとって不要なものを排出する力を増進させてくれているのです。

カロリーを抑えることはダイエットに効果的ですが、人間が生きていく上で、一定のカロリーを摂取することは絶対に欠かせません。さらに栄養管理はしっかり行ってダイエットをしていかなければなりません。

ユーグレナに注目をすれば、ここに栄養素が、59種類も期待出来てしまうのです。
「ミネラル」や「ビタミン」も含まれているので、ダイエットを健康的に成功させたいという方々は、是非ユーグレナに注目してみるべきではないでしょうか。ユーグレナの食物繊維によって、腸内環境を整えてくれたり、パラミノンという成分によって血液中の脂肪を吸着したりしてくれます。

ユーグレナの栄養

近年話題のユーグレナをご存知でしょうか。実はこれはミドリムシのことを指します。
これがアンチエイジングに効果があるとして話題になっているのです。同じ年齢というのに、若く見える人たちがいますし、そうでない人たちもいます。
カギを握っているのは、「活性酸素」です。「活性酸素」って、何か身体にいいというイメージもある訳ですが、実際に老化のスピードに影響しているものが、「活性酸素」といいます。
「活性酸素」とは人間の身体をどんどん酸化させてしまうはたらきがあります。

私達は呼吸によって1日500lもの酸素を取り入れて、 栄養素を燃やしてエネルギーに変えていきます。そのときの過程において 活性酸素が発生し、老化につながります。活性酸素によって身体が錆び付いてしまうのです。
細胞膜の脂質が錆びついてしまうことで、身体は栄養と、要らない老廃物の入れ替えもうまく出来なくなってしまうのです。

細胞の核にある遺伝子が傷ついてしまうケースもあるようです。ひどくなると悪玉コレステロールを酸化させて、血管まで老化させてしまうことになります。アンチエイジングを考えるなら、抗酸化作用を積極的に取り入れるための意識を持つ必要があります。

そのために効果的なのがミドリムシだということが段々と判ってきました。今までビタミンCやビタミンE、更にβカロチン、ポリフェノール、カテキン、セサミというものが、 抗酸化作用の強い栄養素と言われていました。
でも、このミドリムシには59種類の栄養が含まれていると言われていて、ユーグレナを摂るだけでそれらすべての栄養を賄うことができます。